休刊日チラシの強み・できること

休刊日チラシは購読者の目に留まりやすく、
閲覧率が高い広告媒体です。

手に取って見てもらえることから、
問い合わせや申し込みなど反響率、保管率が高い媒体ですが、
広告を掲載できることは意外と知られていません。

朝日新聞の休刊日チラシとは

休刊日(お知らせ)チラシとは年間10~12回、
「朝日新聞」の休刊日前日に折り込みされるB3サイズのチラシです。

休刊日チラシに掲載されている広告とは

掲載される広告は旅行やグルメをはじめ、朝日新聞購読者の方々に喜んでいただけるお得な情報を掲載、購読者の方々も掲載される情報を楽しみにされている広告媒体です。

朝日新聞の休刊日チラシの特徴

1

「保管率が高い」

2

「反響率が高い」

3

「信頼度が高い」


① なぜ「保管率が高い」のか

購読者の目に留まりやすく、利用期限の長い広告が掲載されているため

休刊日チラシは一番上に折り込みされるため、新聞を手にした時に気付かれないまま、廃棄される可能性が極めて低い「保管率の高い」媒体です。

掲載されている広告も利用期限の長いホテルのランチクーポンや物販、イベント告知など、購読者の関心、興味のある広告が掲載されているため、配布された日から長期間、広告掲載効果が持続します。

また目に触れる機会も多くなることから、掲載企業様の認知度アップに繋がる効果も期待できる媒体です。


② なぜ「反響率が高い」のか

購買、消費意欲の高い購読者が注目し閲覧している媒体であるため

休刊日チラシが配布される朝日新聞の購読者層は購買意欲、消費意識が高いことで知られており、特に毎月発行される休刊日チラシは注目されている「反響率の高い」媒体です。

購読者の旅行やグルメなど趣味や娯楽などへの関心も高く、お問い合わせやクーポンの利用、購入率から、休刊日チラシの宣伝、告知、広告としての媒体としてのメリットを感じられ、リピート掲載される企業様もいらっしゃいます。

また配布されるエリアも関西圏全域(大阪、京都、兵庫、奈良)をカバーしているため、思わぬ地域で新規顧客開拓ができた企業様もいらっしゃいます。


③ なぜ「信頼度が高い」のか

朝日新聞の休刊日チラシであるため

広告媒体からの集客、販売において、掲載媒体の信頼度は重要なポイントです。

朝日新聞の休刊日チラシであれば、朝日新聞の購読者に配布されるため、掲載されている広告に対する安心感、「信頼度が高い」のも特徴です。

つまり、休刊日チラシで紹介されている商品、サービスに対する不安が取り除かれるため、商品購入、サービス利用時に繋がりやすい広告媒体といえます。

※広告掲載については弊社所定の審査がございます。詳しくはお問い合わせください。

「チラシをもっと有効活用したい…」
「効果的な広告を出したいけど、どうしたらよいのかわからない…」
広告出稿にお悩みであれば、休刊日チラシはおすすめです。


休刊日チラシが配布されるエリアは関西4エリア

朝日新聞の休刊日チラシが
配布されるエリアは関西4エリア。

大阪、京都、兵庫、奈良の
朝日新聞購読者宅に届けられます。

4つのエリアから一つを選べるだけでなく、
複数エリアへの配布も可能です。

>>>配布エリアの詳細はこちら

掲載料金は40,000円~

休刊日チラシの掲載料金は40,000円から。

掲載料金は配布エリア、
掲載面やサイズにより異なります。

詳しくは掲載料金のページをご覧ください。

>>>掲載料金の詳細はこちら

広告枠内のデザインも制作、掲載に必要な素材データのみでOK

一般的にチラシに広告を出す場合、
ネックとなるのが広告掲載時のデザインです。

朝日新聞休刊日チラシであれば、
広告掲載枠内のデザインは弊社が行います。
広告掲載に必要な物(写真や掲載内容)をご用意ください。

>>>利用手順の詳細はこちら

休刊日チラシに関するQ&A

休刊日チラシに掲載した場合、どのくらいの反響率がありますか?掲載された方で利用してよかった方のエピソードは何かありますか?

業種様によっても異なりますが新規顧客開拓に成功したお客様もいらっしゃいます。詳しくは「成功事例・お客様の声」をご覧ください。

一般的な折り込みチラシと休刊日チラシでは何が違いますか?

休刊日チラシは一番上に折り込みされるため、目に付くため、目立つこと。閲覧率が高いことです。
また一般的な折り込み広告、ポスティングと併せて利用することでより高い広告効果を出すことも可能です。

掲載を依頼する場合、どのくらい前に依頼すれば間に合うものでしょうか?

問い合わせの後、打ち合わせも必要となりますのでおおよそですが、1か月程度前をお願いしております。
掲載に要する期間等については「ご利用手順について」をご覧ください。


ご不明な点などございましたら、
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

は必須項目になります。

企業名・屋号 
業種 
ご担当者様 お名前 
電話番号 
メールアドレス 
お問合せ内容